膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 膝の構造や痛みの原因膝を動かす筋肉


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝を動かす筋肉

筋肉の伸縮で膝関節は動かす

膝は「大腿骨」、「脛骨」、「膝蓋骨」が組み合わさって形成されていますが、これだけで動作が行えるわけではありません。それ以外にも、骨同士が擦れ合うのを防ぐ「関節軟骨」や、骨同士をくっつけ、膝関節が左右にぶれないようにする「じん帯」がこれに加わります。
このように複雑な構成によって形成されている膝ですが、実際に膝の曲げの伸ばしを行っているのは、膝の周りにある筋肉なのです。

2つの筋肉で曲げ伸ばしを行う

膝の動きをコントロールしている筋肉ですが、2つの筋肉によってスムーズな動作を行えるようになります。
まず、一つ目が、太ももの表側にあり、膝を伸ばすときに使う「大腿四頭筋」です。この筋肉は、足の付け根から太ももまでを覆い、膝のお皿(膝蓋骨)につながっています。
更に、膝蓋骨からは膝蓋健を経てすねの骨(脛骨)までつながる筋肉です。
二つ目が膝を曲げるときに使う「ハムストリングス」です。この筋肉は太ももの内側の筋肉で大腿二頭筋からなる筋肉の集まりです。これらの筋肉は「健」によって骨とつながれ、筋肉の収縮で膝を動かしています。この筋肉と連動して、前後の動きを安定化させているのが、「十字じん帯」で、左右の動きを安定させているのが「側副じん帯」といいます。

スポンサードリンク

膝の筋力低下は軟骨の磨耗を進行させる

膝は「大腿四頭筋」と「ハムストリングス」という筋肉の収縮で曲げ伸ばしを行っているのですが、筋肉の役割はそれだけではありません。特に大腿四頭筋などは、膝関節を支え、安定化を計るなど非常に重要な働きをしています。
このため、加齢によってこの筋力が衰えたり、じん帯を損傷すると膝の安定感がなくなり、関節軟骨の磨耗を加速させることにつながるのです。

関節軟骨は再生しないため、磨耗によってなくなってしまうと骨の変形などさまざまな病気の原因となります。こうなると手術により、人工軟骨を入れる治療が必要になるため、膝周りの筋力を鍛えることで、膝の痛みの原因を作らないようにしましょう。

スポンサードリンク

膝を動かす筋肉は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.