膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 変形性膝関節症膝関節に痛みが起こる原因


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝関節に痛みが起こる原因

関節軟骨に神経は通っていない

高齢になるにつれ多くなる膝の痛みの大多数が変形性膝関節症によるものですが、その原因は、関節軟骨や半月版を長年酷使することよる磨耗といえます。
しかし、関節軟骨などには血管や神経が通っておらず、本来どれほど磨耗しても痛みを感じることはないはずです。では何故、軟骨の磨耗が膝の痛みを起すのでしょうか。

軟骨の削りカスが痛みの原因

関節軟骨は大腿骨と脛骨がぶつかり合うことを防ぎ、クッションとなり膝にかかる負担を軽減することや、膝の動きをなめらかにする役割をもっています。そのため負担が掛かるほど削られていくのですが、他の骨のように再生することはありません

軟骨が削られることで、「デブリ(欠片)」が関節液中に浮遊し始めます。
通常は、滑膜の働きによりデブリは回収されるのですが、軟骨の損傷が激しくなるにつれ回収が間に合わなくなるのです。こうなるとデブリは滑膜を刺激し、炎症を起し痛みを生じるようになるのです。

また、磨耗により軟骨が変形し始めると、「TNFα」など、炎症や痛みを起す物質が現れることが最近の研究で明らかになっています。

半月版の異常な動きも原因となる

軟骨の磨耗だけでなく、半月版の異常も痛みの原因となります。
通常であれば、関節軟骨と同様、半月版の表面も滑らかな状態なのですが、変形性膝関節症になるとこの表面がギザギザになり毛羽立ち始め、部分的に切断したりします。
これにより半月版は、本来はしない動き方をし始め、滑膜を引っ張ったりします。この刺激で滑膜に炎症を起こし、痛みが生じるのです。

スポンサードリンク

運動療法で痛みを軽減する

膝の痛みを軽減するには、運動により膝を動かすことが最良といえます。
激しい膝の痛みがある方にとって信じがたい方法かもしれませんが、これは事実なのです。
運動はクッションとなる筋量を増やすだけでなく、軟骨に栄養を送る「関節液」を軟骨に染み込ませる効果もあるので、膝の痛みを抱えている人はどんどん歩いたり動いたりしていきましょう。

スポンサードリンク

膝関節に痛みが起こる原因は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.