膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 変形性膝関節症の運動療法歩行器や杖・手すりの使い方


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歩行器や杖・手すりの使い方

痛みが強いときは補助器具を活用する

膝の痛みが強く運動をしたくても出来ない、もしくは歩くこと自体が困難な場合、歩行を補助する器具を使用します。そのひとつがです。
とてもすぐれた補助器具なのですが、高齢者が使うというイメージが強く、膝に痛みや変形があっても杖を使うことに抵抗を感じる方が多いのが現状です。
しかし、杖は正しく使うことで、歩行をだいぶ楽に行うことが出来ます
症状がつらく、歩くのさえ困難な方は是非、杖を使うようにしてみだくたさい。

杖の選び方と歩行のポイント

杖は選び方と使い方にポイントがあります。杖を選ぶ際に、注意したいのが長さです。
長さの指標としては、地面から大転子までの長さが理想的です。
大転子とは、太ももの付け根、側面にあるゴリゴリとした骨です。
また、先端にしっかり滑り止めのゴムキャップが付いているもの、握りが持ちやすくまっすぐ前を向いているものを選びましょう。 杖を使用して歩く場合、痛みのある膝の逆側の手で持ち、杖と痛む側の足を同時に出すように歩きましょう。

歩行器は杖との併用がおすすめ

杖以外の歩行を補助する器具として「歩行器」があげられます。
これは、物を入れたり、座ることもできるシルバーカーのことです。
歩行器は大変便利な補助器具ですが、歩行器に体重を預けて歩くため、筋力を使わない歩行になってしまいます。これでは、せっかくの運動も、膝にいい影響を与えることは出来ません。
ですので、歩けるときは杖を使用するなど、併用することで膝周りの筋力を鍛えるようにしましょう。

スポンサードリンク

手すりを使い負担を軽減する

進行した変形性膝関節症では、日常生活の中でも膝への負担を減らす工夫が必要になります。その中でも階段の昇り降りは、膝への負担が大きいため注意すべき場所です。
階段を使う際には、手すりを利用し膝への負担を少しでも軽減するようにしましょう。

手すりの使い方としては、手すりを持った状態で、痛みのない足から一段あがります。次に痛みのある足を一段あげ、必ず両足をそろえるようにします。これを繰り返します。
降りる場合は、さきほどは反対に痛みのある足を先に下ろします。このようなちょっとした工夫でも膝への負担を減らすことができますし、生活や活動の幅を狭めることもないのです。

スポンサードリンク

歩行器や杖・手すりの使い方は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.