膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 変形性膝関節症の薬物療法薬物療法について


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬物療法について

医療機関では保存療法が行われる

医療機関で行われる変形性膝関節症の治療は、「保存療法」が中心となります。
これは、人体を傷付けるなど、外科的な処置を行わない治療方法です。
そのため保存療法では、膝関節を元に戻すわけではなく、痛みや炎症の一時的な緩和や、進行を遅らせるのが目的となります。

つまり保存療法は、症状の緩和によって運動療法の促進をはかる治療との位置づけになります。具体的な治療法としては、炎症や痛みなどの症状を抑える薬物療法、膝にたまった水(関節液)を抜く治療、患部の腫れをアイシングする物理療法が行われます。

薬物療法は3つのタイプに分類される

変形性膝関節症の薬物療法でもっとも使用されているのが、「非ステロイド性炎症性鎮痛薬」です。この薬は炎症を抑え、痛みを緩和する作用をもっています。
また、処方される薬には内服薬、外用薬、坐薬の3タイプに分かれ、痛みの強さや副作用によって処方薬のタイプを変えていきます。

タイプ別の特徴

内服薬は最も広く使われているタイプですが、長期使用によって胃痛や胃の不快感などの副作用を起すことがあります。副作用をなるべく抑えるために、作用時間の短いタイプの薬を処方するのが一般的といえます。 外用薬とは、湿布や塗り薬のことを指します。
内服薬と同等の効果が得られますが、皮膚炎などの副作用を起す場合があります。
しかし、内服薬のように胃腸への副作用は起こらないめ、内臓に持病を持っている方に向いているといえます。

最後の坐薬ですが、これは痛みが非常に強い場合のみ処方されます。内服薬や外用薬と比べ、作用が強く、効果が現れるまでの時間も短い特徴があります。主な副作用としては、内服薬同様に胃腸の不快感などがあげられます。

スポンサードリンク

痛みがある時だけ使用する

非ステロイド性炎症性鎮痛薬は、「肝臓障害」「腎臓障害」などの副作用が現れることもあるため、薬長期使用に適した薬ではありません。
また、長期使用により、軟骨細胞に悪影響を及ぼす危険があることも近年明らかになっています。そのため痛みがある時だけに使用し、痛みが引いたら服用を一旦止めるようにしましょう。

スポンサードリンク

薬物療法については以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.