膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 変形性膝関節症の薬物療法関節内注射について


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関節内注射について

関節へ薬剤を直接注入する治療

変形性膝関節症の治療は、自身で行う「運動療法」と、医療機関で行われる「保存療法」を並行して行い症状を改善させていきます。
そのうち医療機関での保存療法は、炎症の一時的な緩和や、進行を遅らせる目的で非ステロイド性炎症性鎮痛薬などが用いられますが、それ以外にも関節内へ直接ヒアルロン酸を注入する「関節内注射」が適用される場合があります。

劇的な改善が期待できる

関節内注射は、膝に水がたまることで生じる腫れが特に強い場合に用いられます。
使われる薬剤は、「ヒアルロン酸ナトリウム」「ステロイド薬」です。
ヒアルロン酸は軟骨の表面を滑らかにする作用や、関節液の働きを促進する作用があるため、関節の変形や磨耗を食い止めるだけでなく、根本に近い部分で改善させる可能性があると考えられています。

炎症が強い場合には、ステロイド薬が用いられる場合もありますが、繰り返し使用することで、逆に膝関節の破壊することが判明した現在では、使われること自体が稀な薬剤といえます。

スポンサードリンク

関節内注射に頼らないことが重要

関節に直接薬剤を注入する関節内注射では、症状の劇的な改善が期待できますが、これは一時的な緩和作用なのです。したがって、何度も行える治療法ではありません。あくまで、運動療法を無理なく行うための補助的な治療だということは忘れてはいけません。

軟骨の磨耗が進んだ方が膝の痛みを根本から改善するには、膝を動かし筋力を上げる以外方法はないのです。逆を言えば、筋力さえあれば、関節内注射などの保存療法は必要なのです。開始当初は辛いかもしれませんが、運動療法を1ヶ月続けるだけでも効果を実感できるはずですので、保存療法をうまく活用し膝の痛みから開放されましょう。

スポンサードリンク

関節内注射については以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.