膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 変形性膝関節症の薬物療法ヒアルロン酸注射


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒアルロン酸注射

痛みを和らげるヒアルロン酸

運動療法は変形性膝関節症の治療として高い効果が見込めますが、膝関節に痛みや腫れが生じていると動くこともままならず、治療に差し支えてしまいます。
そこで、関節内注射を行い痛みの元となる腫れを軽減させます

これは、関節にヒアルロン酸などを直接注入する治療方法で、炎症を抑えるだけでなく、関節液の働きを活発化させるなど膝の痛みの緩和に高い効果を示します。では何故、ヒアルロン酸が膝の痛みを和らげるのでしょうか。

ヒアルロン酸は関節を元気にする栄養素

ヒアルロン酸は体のさまざまな部分に含まれていますが、その中でも特に関節液に多く含まれています。粘着性と弾力のあるヒアルロン酸独特の成分が、関節の動きをスムーズしたり、膝にかかる負担を軽減する役割をしています。

また、ヒアルロン酸は、軟骨や半月版栄養としての役割も担っているのです。
しかし、変形性膝関節症や加齢によって、ヒアルロン酸の量と濃度はどんどん低下してしまいます。そこで、体の外からヒアルロン酸を補給することで、関節の動きをスムーズにし、軟骨を修復させるのが関節内注射の目的です。

スポンサードリンク

効果が永続的に続くわけではない

ヒアルロン酸の関節内注射は、関節の動きを滑らかにするだけでなく、関節軟骨を保護する作用や、炎症を抑えることで痛みの軽減も期待できます。また、痛みの原因物質に直接作用するなど、症状の根本的な改善が見込める治療法でもあるのです。

痛みの症状に劇的な改善をもたらすヒアルロン酸注射ですが、膝への直接的な注入のため、治療時に細菌感染することで症状の悪化を招くリスクもあります。
ヒアルロン酸の効果は一時的なもので、運動療法を併用して行わなければ症状は再発してしまいます。そのため、この治療に頼りきりにならず、自宅での運動を続けていくことが大切です。

スポンサードリンク

ヒアルロン酸注射は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.