膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 変形性膝関節症の薬物療法ステロイド薬注射


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステロイド薬注射

内服薬より効果が高い関節内注射

変形性膝関節症の症状を改善するには、運動療法が欠かせません
しかし膝の痛みが酷く運動もままらない状態が続き、悪化の一途をたどる方もいるのです。
このように、治療や日常生活に支障が出る程の痛みや腫れがある場合、注射器を使い薬剤を直接注入する「関節内注射」が用いられます。

関節内注射は内服薬などに比べ炎症、痛みを抑える効果が高く、症状の改善は劇的に起こります。しかし、その一方で副作用や感染のリスクから繰り返し行えない、持続性がないなども問題もあるのです。

急速な痛みの緩和が期待できる

関節内注射で主に使用される薬剤は、ヒアルロン酸ステロイド薬(副腎皮質ホルモン薬)です。通常は、ヒアルロン酸の注入を先に行い症状の観察を行いますが、痛みが非常に強く、膝にたまる水が多い場合には、ステロイド薬の直接注入を行います。
ステロイド薬はヒアルロン酸と比べ効果が高く、痛みを急速に改善することが出来ます。
その効果も2〜4週間と比較的長く持続するため、連続して行う必要もありません。

その効果の程から、以前は炎症症状の強い方にはしばしば行われてきましたが、近年の研究では、繰り返し注入することで、軟骨の破壊など関節そのもに悪影響を及ぼすことが解明されています。また、感染による「化膿性関節炎」を起こしやすい治療法でもあるのです。

スポンサードリンク

ステロイドや薬は最後の切り札

ステロイド薬の注入は、他の治療では痛みが治まらない場合にのみ用いられる治療法です。
いわば最後の切り札的なものであり、根本的な治療を行っているわけではないことを十分に理解しましょう。

膝の治療において、つらい症状である痛みを軽減する治療法はときとして大変重要になります。しかし、このような治療法だけに頼るようでは、症状の悪化だけでなく、違う病気を発症することにもなりかねません。関節内注射は、あくまで運動療法の補助的な治療法です。
それを理解したうえで、うまく取り入れるようにしましょう。

スポンサードリンク

ステロイド薬注射は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.