膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 膝の痛みと日常生活の工夫足底板・サポーターによる補助


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足底板・サポーターによる補助

痛みの緩和作用をもつ補助具

強すぎる膝の痛みは、日常生活や運動にも支障をきたします。
しかし、膝を動かさなければ症状は悪化し続けるため、薬物療法や関節内注射などで痛みの緩和をはかります。このような治療法は、痛みの緩和に高い効果と即効性を表しますが、副作用の問題から長期間使用することが出来ません

そこで、膝への負担を少しでも減らし、痛みを緩和するための補助具を活用していきます。
変形性膝関節症にて使われる補助具は「足底板」「サポーター」を主に使用していきます。

O脚を矯正する足底板

変形性膝関節症の方は、膝関節の痛みを避けようとO脚ぎみに歩く傾向があります。
また、進行度合いよっては骨の変形が進んでいるため、更にO脚を進行させます。
O脚は、膝関節の内側に大きな負担をかけるため、その部分の関節軟骨が擦り減ることで痛みが増していきます。また、片側だけの磨耗が進むため骨の変形を更に進めてしまいます。

そこで足の裏に補助具を当て、O脚を矯正するのが「足底板」です。
足底板には中敷タイプとサポータータイプの2種類がありますが、どちらも足の小指側を底上げすることで、O脚の矯正を行います。どちらの足底板もO脚の矯正が可能ですが、人によっては、足首の固定がない中敷タイプだと、足首が曲がり矯正にならないこともあります。
そのため、まずは担当医と相談し、自分にあったタイプを使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

膝の保温と安定感を出すサポーター

補助具として使われるサポーターは、保温と膝の安定感を出すことが目的といえます。
また、サポーターを用いることで、膝関節への意識が高まるため、歩き方を気をつけるようになる心理的な効果もあります。より安定感が欲しい場合には、金属製の支柱のついた固定性の高いサポーターもあります。また、人工科学の観点から作られた、O脚矯正専用のサポーター「ブレース」なども使用されています。

サポーターは医療機関だけでなくスポーツ店でも購入できますので、担当医のアドバイスを元に、自身の症状や痛みの強さなどに合ったサポーターを使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

足底板・サポーターによる補助は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.