膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 膝の痛みと日常生活の工夫普段の生活での工夫


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段の生活での工夫

膝への負担を抑える工夫をする

ある程度症状の進行があると膝の痛みが強くなるため、これまで通りの生活を続けることが困難な場合があります。膝を動かすためにもなるべくなら、行動範囲を狭めないなど、生活習慣を変ない方が症状の緩和につながります。
そこで必要になるのが、膝への負担が少ない生活スタイルです。
生活の中でできるだけ膝に負担をかけず、痛みの緩和をすることも大切なことなのです。

和式から洋式へ生活スタイルを変える

膝に必要以上の負荷をかけたり、必要以上に大きく動かすことは膝に負担がかかります。
特に正座や、その状態から立ち上がる行為が膝への負担が多い動作です。
これは、立ったり座ったりする際の高低差が大きくなるほど、膝への負担が増すことが原因です。そのため、なるべく椅子を使うようにしましょう。和式トイレもこれにあたるため、洋式トイレに変える対策も効果的です。

また、寝る際も、ふとんは起き上がるときの負担だけでなく、上げ下ろしの負担も大きいので、ベットに変えるようにしましょう。このように、和式かより、洋式の生活スタイルのほうが膝への負担は軽減さるのです。

スポンサードリンク

膝の保温も大切なこと

これ以外にも、膝を冷やさない工夫も必要です。膝は冷えることで痛みが増す特性があるため、クーラーを直接当てない、寝るときはサポーターをするなど、保温対策を心がけましょう。
また、階段の昇り降りも膝への負担がは勿論ですが、転倒の危険もあるので、てすりを付けておくといいでしょう。

膝の症状を中心に、日常スタイルを変えるのは大変なことです。
症状が少しでも改善されれば、これまで以上に彩のある日常生活が送れるようになるのです。

スポンサードリンク

普段の生活での工夫は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.