膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 膝の痛みと日常生活の工夫膝サポーターの選びかた


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝サポーターの選びかた

サポーターは最も身近な補助具

サポーターは膝の痛みを軽減する身近な補助具です。
しかし、一言にサポーターといっても、さまざまなタイプのサポーターがあります。
可能であれば、担当医や理学療法士と相談し、医療機関で購入するのが一番ですが、コスト面からスポーツ店やドラッグストアでの購入を考えている場合には、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

サポーターの種類について

サポーターには大まかに分けて、膝の保温を目的としたものと、膝を固定することで痛みを軽減するタイプの2種類があります。ドラッグストアなどでよく見かけるのは、保温を目的としたサポーターです。それぞれに用途に違いがあるため使い分けに注意しましょう。

まず、膝の保温を目的としたサポーターですが、主に毛糸などで編んである筒状のものがこれにあたります。膝の保温が目的ですので、寒い季節やクーラーが効いた部屋でのデスクワーク時に使用するのが効果的です。運動時に使用するのは構いませんが、膝の固定力が弱いため、あまり意味がありません。

次に膝を固定するサポーターですが、これはファスナーやマジックテープ等で、締め付け具合の調節ができるものをいいます。金属製のとめ具の付いた固定力の強いタイプもあります。
これは膝への負担を軽減することが出来るため、運動などで膝を動かす際に使用してください。しかし、固定力が強いため自宅などで安静にしているときは外すようにしましょう。

スポンサードリンク

用途による使い分けが大切

サポーターにはそれぞれ用途に違いがあるため、両方のタイプを持って、痛みが酷い場合には固定力の強いサポーター、自宅など膝を動かさない場合には保温タイプのサポーターを用いるなど使い分けるのがいいでしょう。
また、膝は冷やすこと痛みがます特性があるので、安静時にも保温タイプのサポーターを使用する習慣を付けましょう。

スポンサードリンク

膝サポーターの選びかたは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.