膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 変形性膝関節症の手術その他、手術による合併症


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他、手術による合併症

手術療法と合併症の関係

進行してしまった変形性膝関節症の治療には、外科手術が用いられます。
主なものとして、膝関節専用の内視鏡を使った関節鏡視下手術、骨の一部を削ることでO脚の矯正を行う高位脛骨骨切り術、そして膝関節を人工の関節に交換する人工関節置換術があげられます。その人の症状に合わせた治療法が選択され、このどれもが高い治療効果を得られる一方、感染症や血栓など合併症のリスクを伴います。

膝下の麻痺が起こることもある

手術後の合併症で一番怖いのは、命に関わることもある「深部静脈血栓症」です。
これは、骨に付着した塞栓が、肺の動脈に詰まることで起こる症状です。
ここまで重篤な症状を起すことはないにしろ、その後の生活に支障をきたす合併症もいくつかあります。

まず、あげられるのが「癒合不全」です。
これは、手術によって切断された骨同士が十分にくっつかない状態のことです。
原因はさまざまですが、退院後の運動量が多すぎることでも起こるため注意が必要です。この症状が起きた場合には、電気刺激を骨に加える治療が行われます。

高位脛骨骨切り術で起こるのが脚のしびれや、親指が上がらなくなる「腓骨神経麻痺」です。
高位脛骨骨切り術では腓骨の一部を切除する方法が取られるため、膝下の外側にある「腓骨神経」が麻痺することで起こる合併症です。また、体重の重い人や、骨が脆い方によくみられるのが、術後にO脚に近い状態に戻ってしまう「矯正の戻り」なども合併症の一つといえます。

スポンサードリンク

症状を的確に伝えることが重要

人の手で体内を治療する外科治療では、合併症のリスクがどうしても伴います。
そのため、慎重に治療を行うのは勿論、事前の検査などをしっかり行い、合併症を最小限に留める努力を行います。

近年、適用条件を広げた新しい治療法がいくつも開発されるなど、医療技術は加速度的な進歩を遂げています。自身の症状に合った適切な治療を行えば、症状の改善だけでなく、合併症のリスクも軽減されるのです。それには、膝の病気の知識を学び、症状の詳細をしっかり担当医に伝えることが重要といえます。

スポンサードリンク

その他、手術による合併症は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.