膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 変形性膝関節症の手術手術後のリハビリテーションについて


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手術後のリハビリテーションについて

リハビリはベットの上から始まる

変形性膝関節症の手術後は、適用された術式によって多少の違いはありますが、基本的には早い段階から脚を動かし、日常生活へ復帰するためのリハビリテーションを開始します。
リハビリは、麻酔が覚めた後、ベットでのリハビリから始まります
次の段階では、立ち上がるなどの基本動作が中心になります。そして最後が、杖や歩行器を使っての歩行訓練に移行していきます。

リハビリは継続することでその効果を実感できるものです。
また、術後のリハビリ量は、今後の膝の動きに深く関係してくるため、なるべくさぼらないようにしましょう。

杖を使って歩行出切れば退院出来る

麻酔から覚めたら膝の痛みを確認し、理学療法士の指導の元でベットで出来るリハビリを開始していきます。この訓練では、血栓予防のために足首を動かすことから始まり、脚の上げ下げを行うことで大体四頭筋を鍛えていきます
これと同時に「CPM」などの特殊な器具を使い膝の動きを改善させる訓練も行われます。
膝の腫れが治まり始めたら、次の訓練に移行します。ここでは、立ち上がる、車椅子に乗る、松葉杖を使って歩くの順番で基本動作を繰り返し行います。

松葉杖での歩行が出来れば、リハビリテーション室で本格的な訓練が開始されます。
ここでの訓練は、平行棒や歩行器を使っての歩行、杖を使っての歩行、階段の昇り降りなど、より実践に近い歩行訓練を中心に行います。病院によって違いはありますが、通常では杖を使用しての歩行が出来れば退院が許可されます。

スポンサードリンク

退院後も運動療法は継続して行う

外科的な処置によって膝の痛みは解消されますが、膝の働きまでもが改善されたわけではありません。退院後もリハビリや運動療法を継続していかなければ、自立した日常生活を送ることは難しいのです。
また、筋力を鍛えることは症状の再発予防にもつながります。手術は、膝の働きを回復するものではなく、あくまで痛みなどの症状を改善する方法です。そのことをしっかり認識し、運動療法を続けていくようにしましょう。

スポンサードリンク

手術後のリハビリテーションについては以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.