膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 変形性膝関節症の手術人工膝関節置換術について


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工膝関節置換術について

膝の痛みに高い効果が期待できる治療法

重度の変形性膝関節症では、痛みから歩くことも困難になり、日常生活にも支障をきたすようになります。膝を動かすことを止めてしまうと、膝の状態は更に悪化し、痛みも増していきます。

このような状態になってしまった場合、関節鏡視下手術や高位脛骨骨切り術では症状の緩和が期待できないため、痛んだ膝関節を人工の関節に置き換える「人工膝関節置換術」が行われます。数ある膝治療の中でも、この手術は膝の痛みを取る効果が最も高い治療法といわれています。

人工関節と置き換える手術

この手術では、膝関節の痛みが激しい部分を、チタン製の人工関節に置き換えます
痛みの原因を全て取り除くため、他の手術と比べて痛みをとる効果が高い方法ですが、その一方で正座などができなくなるなど、膝の動きに若干の制限がかかる治療法でもあります。

材質や機能デザイン、手術方法の改良が進歩したことで耐久年数は延び、現在では一度入れた人工関節は15〜20年は入れ変える必要がないと考えられています。
しかし、人工関節であってもこれまでと同様に、磨耗や故障が起こるため、場合によっては、人工関節を取り替える再手術が必要になることもあります。

スポンサードリンク

人工関節を交換する再手術が必要になることも

人工膝関節置換術は高い効果を得られる一方で、故障や磨耗により人工関節を交換する再手術が必要になる場合があります。そのため、できるだけ再手術をしなくて済むよう、人工関節の耐用年数を考慮して、65歳以上の方に行われるのが一般的です。
また、重度の糖尿病や化膿性関節炎などがある方が、人工関節が固定されにくいため、この手術は受けられない場合がありますので、持病のある方は治療が適用されるのか確認する必要があります。

スポンサードリンク

人工膝関節置換術については以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.