膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 関節リウマチ膝の痛みと関節リウマチ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝の痛みと関節リウマチ

炎症によって全身の関節が破壊される

膝の痛みが起こる代表的な病気の1つに「関節リウマチ」があります。
これは炎症が関節を破壊していく怖い病気です。
炎症は膝だけでなく、徐々に全身に広がり全身の関節が破壊されていくため、早期発見・早期治療が非常に重要な病気です。

現在、この病気で苦しんでいる方は、日本全国で約60万人いると推定されています。
また、男性より女性に多い病気で、30〜50歳と比較的若いうちから発症することが多い病気でもあります。

関節リウマチは自己免疫疾患の一種

関節リウマチが起こる原因として「自己免疫疾患」があげられます。
本来、人間の体には、細菌やウイルスから体を守り、病気を未然に防ぐ免疫の働きが備わっています。しかし、関節リウマチなどのように自己免疫に疾患がある場合、この働きに異常が起こり、自分の体を攻撃対象とみなし、攻撃してしまうのです。

関節リウマの場合、関節包の内側を覆う「滑膜」が攻撃対象にされてしまい炎症が起こります。このような免疫疾患が起こる確かな原因は、未だ解明されていませんが、体質的な遺伝やウイルス感染が関係していると考えられています。

関節が破壊する物質について

関節が破壊される原因は「パンヌス(炎症性肉芽)」「炎症性サイトカイン」が深く関係しています。攻撃により滑膜は炎症を起し「パンヌス」という組織が形成され、関節包の付け根から拡大を始めます。炎症の進行は滑膜の増殖を強めるため、パンヌスも増殖していきます。
やがて軟骨や骨に侵食しそれらを破壊し始め、関節が動かないなどの症状を起こすのです。

また、炎症部分から分泌される「炎症性サイトカイン」も骨や軟骨の破壊を行います。
炎症性サイトカインは、本来であれば免疫に欠かせない物質なのですが、炎症の拡大により増殖しすぎることで、更に炎症を悪化させ骨の破壊を助長することになります。

スポンサードリンク

症状を絶対に放置しない

自己免疫疾患による炎症は、放置すると徐々に全身に広がります。
また、ある程度まで進行させてしまうと関節や骨の破壊を食い止めることが難しくなります。
そのため、いつもとは違う膝や関節の痛みを感じたら医療機関にて検査を受け、早期発見・早期治療につとめるようにすることが何より重要になります。

スポンサードリンク

膝の痛みと関節リウマチは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.