膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 関節リウマチ薬物療法について


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬物療法について

関節リウマチは薬物治療が中心

関節リウマチは炎症により、関節の破壊を起す病気です。
この病気が難病と言われるのは、一度関節の破壊が始まると症状の改善、進行を止めることが難しいためです。関節リウマチでは、早期発見により症状の進行を食い止めることが何より大切になります。

関節リウマチの基本治療は「薬物療法」です。近年、薬物療法は飛躍的な進歩を遂げ、関節の痛みや腫れなどの症状を改善するだけでなく、関節破壊が進まない「寛解」の状態まで回復させることが出来るようになりました

薬物治療の中心的な薬

関節リウマチの治療の中心的な薬は「抗リウマチ薬」です。
この薬は正常な細胞を攻撃してしまう免疫異常を調節することで、関節の炎症を鎮め、関節破壊の進行を抑えます。主に使用されるのは内服薬ですが、注射薬としても用いられます。
効果が現れるまで3ヶ月ほどの時間を要するため、関節リウマチと診断された場合、遅くとも3ヶ月以内に使い始めることが推奨されています。

抗リウマチ薬と併せて使用する薬

抗リウマチ薬は関節リウマチに高い効果を示す一方、個人差が大きいため、効果が不十分な場合には、「非ステロイド性炎症鎮痛薬」「ステロイド薬」などの薬剤が検討されます。
非ステロイド性炎症鎮痛薬は急性期の炎症を抑えるのに効果的な薬剤です。
しかし、免疫異常を調節する効能がないため、抗リウマチ薬の補助薬として使われています。

ステロイド薬は、即効性と免疫調整機能を併せ持った薬ですが、長期の使用により、重大な副作用が起こることがあるため、抗リウマチ薬、非ステロイド薬で症状が抑えられない場合のみ用いられます。

高い治療効果が期待出来る新薬

近年新しく開発された薬に「生物学的製剤(サイトカイン阻害薬)」があります。
これは、炎症に関わる炎症性サイトカインだけに標準を絞り、その働きを抑止する薬です。
高い炎症鎮痛力を持ち、関節破壊を抑えることが出来るのですが、免疫の働きに不可欠な炎症性サイトカインの作用を抑えることから、副作用として感染症にかかりやすくなります。
また、新しい薬のため、長期使用による体への影響も定かではありません。

スポンサードリンク

副作用に注意する

関節リウマチに使われる薬は高い治療効果が得られますが、副作用に注意が必要です。
特に「血球減少」「感染症」「骨粗鬆症」「間質性肺炎」などの症状が現れたら、医療機関での診察を早めに受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

薬物療法については以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.