膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 関節リウマチ手術(滑膜切除術・人工置換術)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手術(滑膜切除術・人工置換術)

薬物量の効果が十分でない場合は手術が検討される

関節リウマチでは、薬物療法が治療の中心になりますが、その効果には個人差があります。
そのため痛みや腫れが引かない、進行が収まらないなど薬物療法で十分な効果が得られない場合に手術が検討されます。また、痛みで歩きにくい、膝関節の変形が進んでいる、関節の可動域に制限が出始めている場合にも手術は適用されます

炎症の元となる滑膜を切除する治療法

関節リウマチの手術では症状に合わせ「滑膜切除術」、「人工関節置換術」が行われます。
滑膜切除術は炎症によって増殖した滑膜を切除する手術です。
特に、膝関節に対して行われることが多く、炎症を抑えることで、痛みや腫れを取り除く効果が期待できます。場合によっては、ひじ、手首、手指などの関節に対しても適用される治療法です。

膝の手術では内視鏡を用いて行われることが多いですが、ひじ、手首、手指などは、関節を切開する必要があります。複数個所の切開を行う場合には、最も腫れが強い関節から切除を行っていきます。炎症の元となる滑膜を切除するため、即効性に優れた手術ですが、滑膜が再び増殖する可能があるため効果は一時的といえます。

破壊の進んだ関節を人工関節に置き換える治療法

人工関節置換術は近年、進歩が著しい治療法で、変形性膝関節症にも行われています。
関節リウマチでは、関節の破壊や変形が進んだ方に行われる方法で、破壊された関節を人工関節に置き換えることで症状の改善をはかります
この手術は、変形性膝関節症とは異なり、比較的若い方にも適用され、膝だけでなく股関節に対しても行われています。

また、変形性膝関節症のように片側だけを置き換えるのではなく、両膝を人工関節に置き換えるのが基本になります。人工関節に置き換えるため、関節の破壊・変形を解消し、滑膜による炎症が再発することもないなど、長期間にわたって症状を抑える効果が期待できます。

スポンサードリンク

前向きな気持ちで治療に臨む

関節リウマチは長期の治療が必要になる病気です。そのため、まずは自身の病気をよく理解し、対処法などを知識として覚えておくことが重要になります。家に篭りがちにならず、活動的な生活を送るなど前向きに治療していく心構えも大切になります。

スポンサードリンク

手術(滑膜切除術・人工置換術)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.