膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 痛風・偽痛風膝の痛みと痛風・偽痛風


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝の痛みと痛風・偽痛風

変形性膝関節症と間違われやすい病気

痛風といえば、足の親指の付け根に耐え難い激痛を引き起こすことで知られていますが、この痛みが膝関節に起こることがあります。膝関節に痛みが現れた場合、症状の類似性から変形性膝関節症と間違われることがあります。
また、通風とよく似た症状の「偽痛風」も、膝の痛みを生じる病気の代表的なものといえます。

通風は急性関節炎の病気

痛風は、関節が炎症を起し赤く腫れて激痛を伴う医「急性関節炎」の病気です。
特に働き盛りの40〜50代の男性に多くみられる病気です。
通常は、発症すると、突然足の親指の付け根の関節に激しい痛みが現れ、人によっては立っているのも辛い症状が起こりますが、この通風の発作が膝関節に生じることがあります。
また、通風によく似た症状を起す病気に「偽通風」があります。偽通風は、通風より高い年代に生じやすい特徴があります。

通風と偽痛の違いについて

激しい痛みの原因は、足や膝などの関節に針状の結晶がたまることで引き起こされます。
そのため、痛風と偽痛風は「結晶性関節炎」とも呼ばれています。
偽通風も通風も急性関節炎の一種であり、結晶性関節炎の病気ですが、原因となる針状の結晶に違があります。通風の場合は「尿酸」が針状の結晶になり炎症を起こします。
一方、偽通風だと「ピロリン酸カルシウムの結晶」という四角い結晶がたまることで関節炎を引き起こします。

スポンサードリンク

関節液の分析で病気を判断する

通風か偽通風かそれとも変形性膝関節症なのかは、血液検査でははっきりしませんが、痛みのある部分から関節液を採取し、調べることで判断がつきます。
また、膝関節に症状が起きている場合には、エックス線検査でも痛みの原因となる結晶を確認することが可能です。急激な関節の痛みに襲われた場合、通風・偽通風の疑いがあるため、医療機関での診察をなるべく早めに受け、重症化させないようにしましょう。

スポンサードリンク

膝の痛みと痛風・偽痛風は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.