膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 膝が痛むその他病気神経病性関節症(原因・症状・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神経病性関節症(原因・症状・治療)

神経異常が原因となり膝を破壊する

糖尿病や脊髄癆などの病気が原因で神経障害が生じると、痛みを感じにくくなります。
この状態で関節に過度な負担がかかっても痛みを感じにくくなっているため、負担をかけ続けてしまいます。これによって膝の破壊が進行してしまいます。これが神経病性関節症です。
症状は膝関節に起こりやすい特徴があり、膝の腫れを伴いますが、痛みを感じにくくなっているため、膝に痛みを感じることはほとんどありません。神経病性関節症は、早期発見、早期治療が非常に重要になる病気です

原因について

人間の関節には、外部からの圧力に対しての防御反射があります。
この自己防衛は、中枢と抹消神経によってコントロールされているのですが、神経原性関節症のような神経障害を起すと、関節の防御反射が行われなくなります。

外部からの圧力に対して無防備になるわけですから、圧力がかかる度に、関節の破壊が進むわけです。神経病性関節症は、他の病気を原因とした疾患であり、糖尿病、脊髄癆、梅毒、脊髄空洞症などが主な原因疾患になります。

発症後は症状が急速に進行する

神経病性関節症では、症状が直に出るわけでなく、発病から数年たった後に現れるのが一般的です。発症までは時間がかかりますが、発症後は加速度的な進行をしていき、場合によってはたった数カ月で、完全な膝関節の破壊に至ることもあります。
神経病性関節症の主な症状は、膝に水たまることによる腫脹,関節の変形,膝が不安定になるなどがあります。また、急速に関節破壊を起こてる場合に激しい痛みが生じることもあります。

スポンサードリンク

治療では外科手術が行われる

治療はとても難しく、まずは神経障害の原因となっている病気の治療を継続して行います。
これは関節症状の進行を遅らせるだけでなく、膝の症状が初期段階であれば改善も見込めます。これに加え、膝の保護を考え、つえや装具などを用いる場合もあります。

膝の破壊が中期程度であれば、人工股関節や人工膝関節などを用いいたの人工関節置換術が効果的ですが、人工関節が緩むことで脱臼が起こる問題があり、近年ではあまり行われない治療方法です。また、膝の破壊が進行してしまった場合には、骨の移植による関節固定術を行います。

スポンサードリンク

神経病性関節症(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.