膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > 膝が痛むその他病気大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)

大腿骨顆部の組織が壊死する病気

大腿骨顆部骨壊死は膝関節に接している大腿骨の先端、大腿骨顆部の組織が壊死する病気です。
病気が進行し、壊死した組織がつぶれると骨の一部が陥没し、激しい痛みを伴います
発病と発症に時間差があるため、壊死が起こっているにも関わらず、痛みの症状が現れないなど、病気を進行させやすい傾向があります。

また、発病から数ヶ月間は症状が現れないため、その症状から変形性膝関節症と間違われることがありますが、MRI検査を行うことで区別することができます。b場合によっては、大腿骨顆部組織の壊死が全身に広がることもあるため、早期発見・早期治療が重要になる病気です。

血流障害が主な原因

原因は未だ解明されておりませんが、血流障害や、骨粗鬆症によって骨の強度が下がっていること、繰り返される外傷などが関係していると考えられています。
また、日常から大量に飲酒する方や、ステロイドの大量投与を受けた方。中高年以降の女性に比較的多く発生する傾向が見られます。

主な症状について

体重のかかる大腿骨顆部に骨の壊死を生じ、発症時は激しい痛みを伴うことも少なくありません。
この痛みは、関節を動かした場合だけでなく、夜間の安静時にも現れることがあります。
骨の壊死を放置することで、軟骨の変形や骨棘が形成されるため、変形性膝関節症に移行する場合もあります。また、関節に水が溜まる症状や、激しい痛みが合わさることで関節の可動域が制限されることもあります。

スポンサードリンク

治療は保存療法が中心

治療では、足低板や装具などで膝への負担を減らし、筋力を鍛えることで症状を緩和させる保存療法が中心になります。保存療法で症状の改善が見られない場合や、壊死部分が広範囲である場合には、「高位脛骨骨切り術」や、部分的に人工膝関節に置き換える「単顆置換型人工関節」等の手術が行われます。

スポンサードリンク

大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.