膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > スポーツでの痛みスポーツによる膝の痛みの原因


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツによる膝の痛みの原因

膝の痛みはスポーツでも起こる

膝の痛みは病気の症状として起こりますが、スポーツによって生じることも少なくありません。
これは激しい動きによる膝への大きな負担が原因で、膝を痛めることになります。

スポーツによる膝の損傷は、部活などで毎日練習を繰り返している若い方によく起ることですが、近年はスポーツを積極的に行う中高年が多いため、若い人だけの話ではありません。
膝を痛めるだけなら治療により症状は改善されますが、加齢により膝関節が弱っている中高年の場合、スポーツによる外傷がきかっけで変形性膝関節症を発症することもあるのです

スポーツで膝を痛める原因

スポーツで膝を痛める原因は、大きく分けて2種類あります。
まず、一つ目がスポーツのやりすぎです。ランニングやジャンプなどの動作を高い頻度繰り返しで行うことで、膝にかかる負担が積み重なり膝関節が障害されます。代表的なものとして走りすぎで起こる「ランナー膝」、ジャンプのし過ぎで起こる「ジャンプ膝」などがあります。また、骨粗鬆症を起している場合には、下肢の使いすぎで「脛骨の疲労骨折」を起す場合もあります。

2つ目の原因は、日常生活で行わない動作です。これは大きくジャンプする、急な方向転換、トップスピードからの急停止、可動域以上の動きがあげられ、これらの動作は膝に大きな負担をかけています。この動作を繰り返すことで、靭帯や半月版など膝関節の構成組織を傷つけることとなり、膝の痛みを生じ始めます。

スポンサードリンク

膝の状態を確認することが大切

軟骨の磨耗が少ない若年層であれば、激しい運動を行っても外傷だけで済みます。
しかし、加齢によって膝関節が衰えている中高年では変形性膝関節症の原因になるため、サポーターをつけるなどの工夫や、自身の膝の状態を確認することが必要になります。

スポンサードリンク

スポーツによる膝の痛みの原因は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.