膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > スポーツでの痛み半月板損傷(原因・症状・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半月板損傷(原因・症状・治療)

強い痛みの症状を伴う

膝の怪我として起きやすいものの一つに「半月版の損傷」があります。
本来半月版は、関節軟骨同様に膝関節の衝撃を吸収するクッションの役割をしています。
しかし、膝に強い衝撃や力が加わったり、ひねりなどの動作をした際、半月版に亀裂が入ったり完全に切断したりします。これが半月版の損傷で、強い痛みを伴います。

半月版の損傷は若い方であれば、保存療法でも治療が可能ですが、中高年の場合は変形性膝関節症に進行することがあるため、早急な治療が必要になります。

痛みが起こる原因

半月版の損傷では、切れた半月版のかけらが膝関節内に引っかかり、膝の動作を阻害します。動作をする度に非常に強い痛みを伴います。また、切れた半月版が関節内を移動し、関節包を刺激することで炎症を起すことになるため、痛みが起こったり、膝に水がたまる原因にもなります。
加齢により膝関節の組織がが衰えている中高年は、ちょっとして衝撃でも切れてしまい変形性膝関節症を起す原因となるため注意が必要です。

治療は内視鏡手術が基本

半月版の損傷が軽ければ保存療法で治療することもありますが、治療の多くは手術を必要とします。手術では関節専用の関節鏡を使用した内視鏡手術を行います。損傷が軽度である、損傷部分が関節包に近いなどの場合は半月版を縫合していきます。
これは、関節包に隣接した半月版の外側には血流があり、縫合箇所の傷が修復されやすいためです。縫合はが難しい場合には、傷ついた半月版を切除していきます。手術のため1週間程度の入院が必要になりますが、医療機関によっては日帰りで行われることもあります。

スポンサードリンク

変形性膝関節症を起こしやすくなる

変形性膝関節症は関節軟骨や半月版の磨耗が進むことで起こる病気です。
そのため、半月版の損傷により切除手術を受けた方は、将来、変形性膝関節症になりやすい傾向があります。
半月版の切除手術を受けた方は、肥満に気をつけ膝への負担を軽減する、ウォーキングなどで大体四頭筋を十分に鍛えることで将来の変形性膝関節症を予防していく必要がります。

スポンサードリンク

半月板損傷(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.