膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > スポーツでの痛みオスグッド・シュラッター病(原因・症状・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オスグッド・シュラッター病(原因・症状・治療)

急激な軟骨の成長が膝の痛みの原因

スポーツにより膝の痛みには、半月版や靭帯のなど外傷が原因となったものが代表的ですが、これ以外にも成長期の子供にも膝の痛みが生じる場合があるため注意が必要です。成長期に身長が急激に伸びるのは、「成長軟骨帯」という軟骨の層が成長することで起こっています。成長軟骨帯は軟らかい骨のため、繰り返し負担がかかると障害されやすく、痛みとして症状が現れやすいのです。これ以外にも成長期ならではの膝の病気がいくつかあります。

症状と治療法について

成長期にならではの膝の痛みに、「オスグッド・シュラッター病」という代表的な病気があります。これはサッカーやランニング、バスケットなど、下肢を使用するスポーツをしている子供に多くみられる病気です。痛みが起こる原因は、成長軟骨帯の一部が繰り返し引っ張られることで、運動の際、膝蓋骨の下部に痛みが生じるようになるものです。基本的には治療の必要はなく、しばらく運動を控え、大体四頭筋のストレッチやアイシングなどで症状は緩和されます。また痛みが強い場合には、装具による保存療法で様子をみることもあります。

これ以外にも、関節軟骨が骨と一緒に剥がれてしまう「離断性骨軟骨炎」にも注意が必要です。最初は運動時のみ痛みを伴いますが、軟骨が脱落すると膝の可動域が狭まるため、強い痛みが生じることもあります。離断性骨軟骨炎では基本的には保存療法が適用されますが、症状によって骨や軟骨を移植する手術療法が用いられる場合もあります。

スポンサードリンク

痛みがある時は養生することが大切

膝に痛みがあっても、部活など限られた時間の中で運動をする中高生の場合、本人も保護者も無理をさせてしまいがちです。しかし、痛みがあるのに運動することで、病状によっては、障害が残ってしまう可能性があります。大人になってもスポーツを楽しむために、痛みがある場合は一定期間運動を控えるなど、しっかり養生させることも必要なのです。

スポンサードリンク

オスグッド・シュラッター病(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.