膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > スポーツでの痛み側副靭帯損傷(原因・症状・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

側副靭帯損傷(原因・症状・治療)

膝が左右に反るのを防いている

側副靭帯とは、膝関節が内側や外側に反るのを防いでいる靭帯です。
そのため、スキーで転倒するなど、膝が内側にねじれるような動きをすることで側副靭帯は傷つきます。また、外側より内側の側副靭帯に起こりやすい傾向があり、前十字靭帯損傷や後十字靭帯損傷に比べ、治りやすいの特徴があります。

筋力不足が原因になることも

側副靭帯損傷を起す原因はさまざまですが、膝の外側から強い力が加わり、この圧力に耐えらないことで損傷を起こします。これは、関節の弛緩性がないことや、衝撃を吸収する太ももとの筋力不足などが要因といえます。

つまり、膝を強く外に反るような動きや、強い捻りの動作を行うスポーツでは側副靭帯損傷を生じやすいのです。具体的には、テニス、バスケットボール、スキー、サッカーなど急な方向転換を必要とするものや、格闘技などで相手が側面に倒れかかってきた時、格闘技での関節技などでも生じる可能性があります。

症状は断裂の程度により異なる

側副靭帯損傷は損傷の程度により,症状も異なります。
まず、靱帯の一部のみがが断裂している場合には、軽度の痛みを伴うだけで済みます。
しかし、多数の靱帯が断裂している場合には、膝の伸展ができないなどの関節硬直膝の安定性の欠如膝関節の強い痛みを伴います。
また、靭帯が完全に断裂している場合には、膝の安定性がなくなるため、膝からくずれる症状を起こしますが、痛みはそれほど強くありません。

スポンサードリンク

特別な治療の必要はない

基本的に特別な治療の必要はなく、保存療法を行うことで症状は緩和されていきます。
なお、保存療法では、RICEを行うことが効果的です。RICEとは、Rest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったものです。
また、重度の側副靭帯損傷では、靭帯を縫合する手術や、靭帯の再建手術が行われる場合もあります。歩けない程の痛みを伴うなど、損傷が激しいと思われる場合には、自己判断せず必ず整形外科を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

側副靭帯損傷(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.