膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > スポーツでの痛み後十字靭帯損傷(原因・症状・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後十字靭帯損傷(原因・症状・治療)

膝の動きをコントロールする靭帯

膝は内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯の4つの靭帯によって、膝関節がずれないように支えられています。つまり、これらの靭帯に損傷が生じると、膝の安定性がなくなりふらつくようになります。

靭帯の損傷は、ジャンプや着地、急な方向転換などを要する運動で起こることが多いのですが、後十字靭帯については膝を何かにぶつけた衝撃で起こります
診断では、十字押し込みテストや、レントゲンを使用し、脛骨が後方に落ち込んでいるかどうかを見て判断するのが一般的です。

原因は膝への物理的な衝撃

後十字靭帯損傷は膝への物理的な衝撃で起こるため、原因はさまざです。
例えば、転倒時に地面に膝をついた衝撃や、ラグビーやサッカーなどでの強い接触、ジャンプ後に地面に膝をぶつけた場合、車やバイクの交通事故などでも後十字靭帯損傷が起こる場合もあります。

運動障害が主な症状

主な症状としては下腿部が後方にぐらくことによる運動障害や、膝の痛みがあげられます。
また、関節が不安定になることで、まるで脱臼しているかのような感覚を覚えることもあります。
これ以外にも、下腿や膝裏に激しい腫れを伴う場合もあります。

スポンサードリンク

保存療法が治療の中心

後十字靭帯損傷靭帯の治療では他の靭帯損傷と比べ、日常生活に影響を及ぼさないことからギブス補助装具を用いた保存療法が適用されます。
しかし、この先も膝を使うことが多いと想定される若い方や、本格的にスポーツをしている場合には手術による「靭帯再建術」が行われることもあります。

激しい運動に怪我はつきものですが、特に膝は負担がかかる部分なため痛めることが多いでしょう。
そのため、膝関節全体の衰えが始まっている中高年は、運動の際に靭帯を痛めないよう注意が必要になります。靭帯の損傷は、強い痛みを伴うだけでなく長い期間を治療に費やさなければならなくなるのです。

スポンサードリンク

後十字靭帯損傷(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.