膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > スポーツでの痛みジャンパー膝(原因・症状・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンパー膝(原因・症状・治療)

膝蓋の靭帯に炎症を起こす疾患

ジャンパー膝は、ランナー膝と同じく膝を酷使すことで起こる膝障害の総称です。
そのため、様々な疾患が考えられますが、特に「膝蓋腱炎」を起こしてることが考えられます。
膝蓋腱炎は膝関節の軟骨やに炎症や変形が起こり痛みが起こる疾患です。

その名前の通り、ジャンプや着地動作を繰り返すスポーツで起こりやすく、バレーボール、バスケットボール、サッカーなどが原因になりやすいスポーツです。

原因・症状について

ジャンパー膝を起こす原因は膝を使いすぎることです。
運動時、膝には自分の体重以上の負荷が掛かっています。これを繰り返していると衝撃を緩和できない状態になり、軟骨や靭帯に炎症を起こすのです。

また、成長期の子供がジャンパー膝を起こす場合には、大腿四頭筋の柔軟性が低いことも原因になります。成長期の子供は骨の成長に筋肉が追いつかないことが多々あり、筋肉で吸収しきれない衝撃が膝蓋骨周辺に伝わることで炎症を起こします。

ジャンパー膝の症状は初期なら膝の前側起こる痛みと膝蓋骨周辺の腫れ、熱などで済みます。
しかし、重症化させてしまうと運動中はもちろん、運動後、または運動をしていない時にも痛みがあり、日常生活での膝の曲げ伸ばにも痛みが生じるようになります。

スポンサードリンク

治療法・予防について

治療は膝を休ませる保存療法が原則になります。そのため、炎症が治まるまで運動は中止し、できるだけ膝を使わないようにしましょう。痛みが強い場合は、アイシングを行うといいでしょう。

予防には運動前に大腿四頭筋のストレッチじっくり行なうのが効果的です。
ストレッチによって腿四頭筋の伸縮性が上がり、膝にかかる負担を少なくすることができます。

スポンサードリンク

ジャンパー膝(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.