膝の痛みとんでけネット

膝の痛みとんでけネットトップ > スポーツでの痛み離断性骨軟骨炎(原因・症状・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離断性骨軟骨炎(原因・症状・治療)

関節軟骨が壊死する病気

離断性骨軟骨炎は、「骨軟骨骨折」「骨軟骨損傷」ともいわれる疾患で、関節の中にある軟骨が部分的に剥がれ落ちてしまうものです。これは軟骨下骨の骨が壊死している状態を意味します。

関節がある部分なら体中どこでも起こる可能性がありますが、その中でも膝関節に起こることが多く、さらに大腿骨内顆の外側で起こりやすい傾向があります。成人した人も発症することがありますが、主に10〜20代のスポーツを頻繁にしている男性に起こりやすい疾患です。

原因・症状について

これまで離断性骨軟骨炎の原因にはさまざまな説が唱えられてきましたが、現在では激しい運動により軟骨下骨へ負担をかけることや、外傷による疲労骨折が原因ではと考えられています。
また、壊死についても骨折が繰り返されることで骨の修復が間に合わないことが原因だとされています。

発症後の症状は進行度合いで異なり、初期であれば軽い関節痛程度ですが、重症化すると膝の曲げ伸ばしや階段の昇り降り、走ることも困難になります。
更に進行すると軟骨が完全に剥がれ、関節の中を動き回るようになります。これは「関節鼡」といい、軟骨が浮遊した場所によっては激しい痛みを伴います。

スポンサードリンク

検査・治療について

検査ではX線検査を用いて軟骨と周辺骨の状態を確認します。
症状が進行している場合にはMRI検査も行い、関節内の状態を詳しく調べてきます。

治療はその人の年齢と進行度合いによって異なります。
成長段階で、かつ初期〜中期の状態では、外科手術の必要はなく、一定期間膝に負担をかけないようにする保存療法が行われます。この際、松葉杖を利用すると膝への負担が軽減されます。

もし、軟骨が完全に剥がれ浮遊している状態の場合は、骨軟を固定することが難しいため骨軟を摘出する手術や、骨軟の移植が行われます。

スポンサードリンク

離断性骨軟骨炎(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
03月02日
化膿性関節炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
大腿骨顆部骨壊死(原因・症状・治療)」を更新しました。
03月02日
色素性絨毛結節性滑膜炎(原因・症状・治療)」を更新しました。
INDEX PICKUP 痛みの原因は何? 膝が痛い時の検査
Copyright(c) 膝の痛みとんでけネット All rights reserved.